高く!早く!賢く!確実に売るなら!

失敗しない不動産売却

任意売却は一生の恥!ご近所さんに売却したことをバレずにマイホームに住み続ける方法とは?

投稿日:

こだわり条件から不動産会社を検索

査定内容 査定種類
対応エリア キーワード検索
こだわり条件
任意売却をする前に、コレだけは試しておいてください!

任意売却はできれば避けたいものですよね?

せっかく建てたマイホームを、お金を払うことができずに追い出されるわけですから、恥ずかしいし、無念だし、内緒で解決したいと思うのが本音です。

親だけならまだしも、子供たちにも嫌な思いをさせてしまいますからね。

そこで今回は売却後も住み続けられる裏技を紹介します。

売却後も住み続けられる制度とは?

リースバックとは、自宅を活用した資金確保の一種です。

自宅を売却していったん資産を現金化し、そのまま自宅を賃貸して住み続けることができます。

ご近所さんの目も気にすることなく、家に住み続けながら、まとまった現金がほしい人にピッタリです。

リースバックのメリットとデメリット

リースバックのメリットとデメリットを簡単に解説します。

リースバックのメリット

  1. 買主を探す必要がないので現金化までの期間が早い
  2. 売却したことが周りにバレない
  3. 将来的に買い戻しOK
  4. 引越しないで済む
  5. 子どもの学区が変わることがない

リースバックのデメリット

  1. 売値が相場より安くなる
  2. 賃貸料が相場より高くなる
  3. 買戻しOKだが、当然、売却価格より高く買わないといけない

リースバック以外の手段も考えておこう

リースバックには、メリットとデメリットありますが、共通する目的はお金を作ることです。

デメリットは上記以外にも、そもそもオーバーローン状態ならリースバックの利用は難しいです。

住宅ローンの残債よりも売却の査定額が安い場合(住宅ローン残債 2.000万円 > 売却査定額 1,000万円)は、ほぼ断られてしまいます。

お金を作ることとデメリットを考えたとき、リースバック以外の手段として「売却」も頭に入れておきましょう。

ケースバイケースですが、リースバックを利用するよりも、市場で売却して現金にしてしまった方が、手元に残るお金が多い場合も多々あります。

リースバックを利用してみたいと思ったら…

リースバックでは、一般的に、相場より安くでしか買ってくれないので、まずはオンラインの不動産査定で今の適正な相場を把握しておきましょう。

実際に適正な相場を知ることで、リースバックよりもはるかにいい条件で売却益を得られることもあり、知らないままだと損してしまう可能性があります。

リースバックを利用する、しない以前に、今の自宅にどれくらいの価値があるのか知っておいて損はありません。

オンライン査定は無料でスグに結果がわかるので、この機会にまずはお試しで、自宅の適正な相場を知っておいてください。

3件がヒットしました

検索条件

査定内容指定なし査定種類指定なしこだわり条件指定なし対応エリア指定なしキーワード検索指定なし 条件を変更する
最高いくらで売れるか正確にわかる!
無料査定なので使わないと損ですよ!

査定スピード

▼早い
▲遅い

提携会社数

▼多い
▲少ない

当サイト経由の申込件数

▼多い
▲少ない

おすすめの不動産サイト

HOME4U

累計35万件突破!まず一番最初に試しておきたいのがHOME4Uです。東証一部上場企業のNTTデータのグループ会社が運営しているので信頼度抜群。提携している不動産業者は厳選された1300社なので期待大!業界最長18年の実績があり、安心して査定を依頼できる一括査定サイトです。
会社名 査定内容
株式会社NTTデータ・スマートソーシング 土地・戸建て・マンション・その他
査定種類 査定スピード 提携会社数
一括査定 60秒 1,300社

イエイ

高く!早く!賢く!確実に!不動産を売りたいならイエイで決まりです。イエイで査定した97%の方が「査定額を比較して良かった」と回答しています。利用者数は400万人を突破。失敗しないで不動産を売却するならまずココははずせません。
会社名 査定内容
セカイエ株式会社 土地・戸建て・マンション・その他
査定種類 査定スピード 提携会社数
一括査定 60秒 1,700社

おうちダイレクト

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良の不動産を売るなら、おうちダイレクト一括査定を利用しないと損する可能性があります。その理由は、おうちダイレクト一括査定からしか査定ができないSRE不動産(旧ソニー不動産)があるからです。SRE不動産は「両手仲介」を原則廃止。つまり、裁判に例えると、弁護と検察の二役を一人でやらないということです。もし、弁護(買主)と検察(売主)の二役を一人でこなしてしまうと、不動産会社が都合のいい相手(取引先や知人など)に安く売ることができてしまいます。結局、商談の内容は売主は知ることができませんし、売れましたという報告を受けるだけで、もっと高く買う人がいたのに損してしまうケースが多々あります。このような機会損失をしないためにも、該当地域に不動産をお持ちなら、おうちダイレクトの無料査定を試しておいてください。
会社名 査定内容
ヤフー株式会社、SREホールディングス株式会社(共同運営) 土地・戸建て・マンション・その他
査定種類 査定スピード 提携会社数
一括査定 60秒 9社

-real_estate

Copyright© 失敗しない不動産売却 , 2019 All Rights Reserved.