高く!早く!賢く!確実に売るなら!

失敗しない不動産売却

坪単価は家を建てる際の目安になるもの?

投稿日:

よく家を建てる時、坪単価がいくらだから安い住宅メーカーだ、とか、坪単価が高いからやめた方がいい、なんて話を耳にする事があります。住宅メーカーなどでも「ウチは坪単価が相場よりも安いですよ」などとアピールしているところもあります。

では本当に坪単価は家を建てる場合に目安となる重要なものなのでしょうか。

結論からいえば、坪単価も参考の一つにするべきところではあるのですが、100%それを鵜呑みにしてしまってはいけないのです。時には坪単価を度外視して家を建てた方がいい場合、結果的に坪単価が何の意味もなかったというケースもあるのです。

実際、坪単価だけを意識して住宅メーカーを選んだりしている方は、出来るだけ安く家を建てようと思っていたのに、かなりの費用がかかってしまった、予算の都合上、自分が思い描いていた家が建てられなかったという人も少なくないのです。

そのわけは、坪単価はいろいろな条件によって変動してしまうものだからです。またメーカーによって算出方法も異なるので、坪単価の数字だけでは比較出来ないのです。一般的に、坪単価は延床面積により算出されるのですが、メーカーによっては延床面積ではなく施工面積で算出するのです。

施工面積による算出だと、同じ建物でも面積が広くなるため、坪単価は低くなるのです。また、家を建てる場合には、坪単価に諸経費が含まれていないケースもあるのです。実際生活するためにはカーテンやエアコン、照明器具などが必要になりますが、そういったものが含まれていないメーカーもあるのです。

つまり、同じ条件で坪単価を比較出来ないので、あくまで参考までにしてよく内容を見極める必要があります。

-real_estate
-

Copyright© 失敗しない不動産売却 , 2017 AllRights Reserved.