高く!早く!賢く!確実に売るなら!

失敗しない不動産売却

賃借人がいるマンションを売る時には、退去してもらわないといけないの?

投稿日:

マンションを保有している方の中には、自分が住んでいるわけではなく、他の方に貸しているというケースもあるでしょう。いわゆる賃貸マンションです。そんな賃貸マンションを売りたいとなることも当然あります。

ただ、賃貸マンションが空き家になっていれば何の問題もありませんが、仮に賃借人がいる状態なのに売りたいという場合はどうしたらいいのでしょうか。売る前に賃借人には退去してもらわないといけないのでしょうか。

少しでも高く売りたいという場合には比較的賃借人がいない空家の状態にしたほうが、部屋の中を見られるということもあるため高く売れる傾向にあるのでそうしたほうがいいでしょう。ただ、退去してもらう場合、「マンションを売るので出ていってください」と簡単にはいかないのです。

賃借人に退去をしてもらうためには、正当な理由がある場合であり、それも6~12ヶ月前に交渉をしないといけないのです。つまり1年かけて退去してもらうという形になりますが、実は売却のための退去は正当な理由としては認められないケースが多いのです。賃貸人が出ていきたくない、となれば退去してもらうのは非常に難しくなります。

ただ、実は賃貸人がいる状態でもマンションは売ることができるのです。しかも特別な手続きも不要で通常のマンション売却と変わらないのです。当然売却後は、賃借人の家賃は新しいオーナーにそのまま引き継がれることになります。入居時に賃借人から受け取った敷金返還義務についても新しいオーナーに引き継がれます。

買主によっては、最初から賃借人がいるというメリットがありますし、売主からすれば面倒な手続きもいらないというメリットがあるので、双方が納得すれば高く売れる可能性もあります。

-real_estate
-

Copyright© 失敗しない不動産売却 , 2017 AllRights Reserved.