高く!早く!賢く!確実に売るなら!

失敗しない不動産売却

マンションは買取業者に買取してもらうのと、仲介業者に依頼するのとどちらがいい?

投稿日:

マンションを売るという場合、不動産会社・買取業者に買取してもらう方法と、不動産会社などの仲介業者に仲介してもらって個人に売るという方法があります。

どちらもマンションを売るという意味では同じなのですが、実際どちらがいいのでしょうか。

買取と仲介の違いは、不動産会社に売るのか、不動産会社に仲介してもらい個人に売るのかの違いだけです。不動産会社に買取してもらった場合、不動産会社ではそれを個人に転売して利益を得ます。一方で仲介の場合は、不動産会社は仲介料をもらって利益を得ることになります。

もし、売却に時間があるという方は仲介のほうがマンションを高く買ってくれる人が見つかる可能性がありますので、仲介手数料はかかるものの仲介のほうがいいでしょう。

買取の場合、不動産会社では買い取ったマンションが売れるまでの維持費もかかりますし、なかなか売れなかった場合には販売価格を下げたりしないといけないので、いろいろとリスクがあるのです。そういったリスクを承知で買うわけですから、やはり買取価格は低くなってしまうのです。

ただ、今すぐマンションを売りたい、という場合に仲介ではなかなか買い手が見つからないこともあります。そうなると、安くても売ってしまうということになりますし、場合によっては売れない可能性もあるのです。そういう時には確実にお金が得られる不動産会社に買取してもらうという方法がいいでしょう。

高く売りたいという場合にはまず仲介で売り出したほうが無難です。

-real_estate
-

Copyright© 失敗しない不動産売却 , 2017 AllRights Reserved.