高く!早く!賢く!確実に売るなら!

失敗しない不動産売却

不動産売却にかかる税金

投稿日:

不動産売却にはさまざまな諸経費がかかるものですが、実はその他にも税金がかかってくる場合があります。とはいえ、不動産を購入した場合だと不動産取得税や印紙税などがかかりますし、当然その後は固定資産税などもかかってくるものです。

ですが不動産売却だけに関していえば、かかる税金はそれほど種類があるわけではありません。基本的に不動産を売って得た利益(譲渡益)に対する所得税(+住民税)ということになります。

譲渡益とは不動産の売却価格そのものではありません。その不動産を取得した費用、購入する際にかかった諸経費、そして売却をする際にかかった諸経費(仲介手数料などもここに含まれます)を売却価格から差し引いた額になります。

また、その税率も不動産を購入してから売却するまでの期間によっても変わってきます。もし不動産を購入した翌日から5年を超えてから売却した場合については、所得税は譲渡益の15%、住民税は5%の合計20%となります。もし5年以下でしたら所得税は30%、住民税は9%の合計39%かかってきます。

ただ、場合によっては譲渡益が出ないというケースもあります。つまり、不動産が高く売れずに売却することで損失が出てしまった場合です。

その場合には利益がないのですから税金はかかりません。また、たとえ利益が出たとしても特別控除や軽減税率の適用になることもあるので、支払う税金が少なくなることもあります。ただ、それも不動産の種類や所有年数等によっても変わってくることもありますので、不動産会社に確認してみるといいでしょう。

-real_estate
-

Copyright© 失敗しない不動産売却 , 2017 AllRights Reserved.