高く!早く!賢く!確実に売るなら!

失敗しない不動産売却

仲介と買取の違い

投稿日:

不動産を売却する場合、一般的には不動産会社と媒介契約を交わし、その上で不動産会社に販売を依頼するという方法を用います。そして、それで買主が決まったら、売買価格に応じた仲介手数料を不動産会社に支払うという流れになります。

ただ、その他の手段としては、直接不動産会社に買取してもらうという方法もあるのです。不動産を買い取った不動産会社は、その不動産を他の買い手の方に売って利益を得ることになるでしょう。

どちらもその不動産会社を利用するという点では変わりありませんし、基本的に不動産売却できるのではあれば仲介でも買取でもどちらでもいいというのが本音でしょう。また、結果的に同じ買主に売ることになるのであれば、何も変わらないと思う人もいるでしょう。では、仲介と買取の違いはどこにあるのでしょうか。

買取の場合は不動産の持ち主は直接不動産会社に売るという事になるので、仲介手数料を支払う必要もありませんし、早急に売ることも可能です。

仲介の場合は売れた場合には仲介手数料が発生しますし、買い手が見つからなければなかなか売れないということもあるのです。ただ、不動産会社でも買取した不動産がなかなか売れなければいろいろ経費もかかるものですし、価値もどんどん下がります。そういったリスクが伴うこともありますし、転売して初めて利益が出るわけですから、買取価格は抑え気味になります。

不動産の持ち主からすれば、仲介を利用した方が売却額は高くなる可能性があります。ただ、早急に手放したいという方は多少安くなっても買取してもらった方が良いかもしれません。

-real_estate
-

Copyright© 失敗しない不動産売却 , 2017 AllRights Reserved.