高く!早く!賢く!確実に売るなら!

失敗しない不動産売却

地価公示価格を無料で調べる方法と相場より高く売る秘訣!

更新日:

土地の価格は無料でスグわかります!

土地の価格の4つの値札とは?

土地の価格には、一物四価(いちぶつよんか)と言って、4つの値札がついています。

  1. 実勢価格
  2. 地価公示価格(公示地価)
  3. 路線価
  4. 固定資産評価額

特定のシチュエーション時にそれぞれの値札(価格)が適用されます。ひとつずつ、わかりやすく説明すると・・・

1.実勢価格

実際に土地が売買される価格です。地価公示価格(公示地価)を参考に、不動産屋さんが提示する価格になります。とにかく売りたいということで値引きされたり、何がなんでもほしいということで、値段が上がったりもします。公的なルールのない価格です。

2.地価公示価格(公示地価)

国土交通省が公示する毎年1月1日現在の価格です。(発表されるのは3月下旬)2人の不動産鑑定士がそれぞれ調査をして、国土交通省の土地鑑定委員会が土地の価格を決定しています。 この公示価格を元に、路線価と固定資産評価額も算出されるので、とても大切な価格です。

3.路線価

土地の相続税及び贈与税の計算の元になる価格です。国税庁が毎年1回(8月下旬)に発表します。公示地価の80%が目安になります。

4.固定資産評価額

市町村(東京23区は都)などの地方自治体が、固定資産税、不動産取得税、登録免許税などの徴税額を算出するときに用いる価格です。(価格決定は3年に1度のため、実際の土地の価格と誤差がある)公示地価の70%を目安に決定されます。

まとめると、地価公示価格(公示地価)がわかれば、路線価と固定資産評価額が算出でき、地価(実勢価格)は地価公示価格(公示地価)を参考にしているが、様々な要因によって安くも高くもなるということです。

では、地価(実勢価格)を無料で知るにはどうしたらいいのか?

地価は、地価公示価格(公示地価)を参考に、不動産屋さんがその土地の今の相場を見ながら決定しています。

なので、不動産屋さんから教えてもらえばいいわけですが、それならすぐに不動産屋さんに来てもらおう!とはならないですよね。

わざわざ不動産屋さんを呼んでまで査定してもらうのはちょっと気が引けます。セールスされるのも面倒くさいですからね。

「まだ売るかわからない」「とりあえず価格だけ知りたい」「価格が合えば売却したい」そんな場合がほとんどだと思います。

そんなあなたのために、ピッタリなサービスがあります。それがイエイイエウールHOME4Uなどの不動産一括査定です。

不動産一括査定の机上査定(WEB査定)なら、スグその画面上やメールで、今知りたい土地の価格を提示してくれます!

しかもこれ無料なので使わないと損です。

とりあえず今所有する土地の価格が知りたい場合は、無料査定を気軽に試してみてください。

実際に価格がわかれば今後の事をイメージしやすくなりますし、相場を知ることで、ダマされて安く売って後で後悔する・・・なんてことはまずなくなりますね。

なので失敗しないためにも、まずは無料査定を試してみましょう。

相場(地価公示価格)より高く売る秘訣とは?

賢いあなたはもうすでに気づいているかもしれませんが、より高く売るには、先ほどの実勢価格の説明の中にヒントが隠されています。

"実勢価格は実際に土地が売買される価格で、地価公示価格(公示地価)を参考に不動産屋さんが提示する価格。とにかく売りたいということで値引きされたり、何がなんでもほしいということで、値段が上がったりもする。"

つまり、不動産は相場よりも安く売れる可能性もあるし、高く売れる可能性もあるわけです。それは景気によって左右されたり、売り手と買い手の事情や思惑が大きく関係します。

正直、景気を動かすことはできませんが、できるだけ高く売りたい売り手と何がなんでもほしい買い手をマッチングできれば、より高く売ることができると思いませんか?

じゃあ、不動産屋さんを1件1件回って、何がなんでもほしい売り手を顧客に持っているかどうか聞く・・・なんてことはとても面倒で大変なことですし、普段お仕事をしている人からすると現実的ではありませんよね。

そんな面倒なことを効率的に、現実的でないことを無料でしてくれるのがイエイイエウールHOME4Uなどの不動産一括査定なんです。

例えばイエイなら、CMで有名な大手の会社から地場で実績が豊富な会社など、全国1000社以上の中から最大6社を選択し一括で価格を比較できます。

そうすることで、あなたの土地を何がなんでもほしいという人を顧客に持つ不動産屋さんが効率的に無料で見つかり、相場を上回る最高額で売れる可能性もグンッと高くなります。

また、最大6社の価格を比較した時点で、間違っても安く売ることは回避できますし、実際に1,000万円ほど差が出た実例もあるので、本当に使わないと損です。

今すぐ売りたい、あと2~3年後に売りたい、どちらにしても今の価格を知っておくことに損はありません。

不動産一括査定の机上査定(WEB査定)なら、オンラインでスグその画面上で価格が分かるので安心だし、無料査定をしたからといって必ず売る必要もありません。

今後の人生プランのためにも、早めに価格を知っておくことで、余裕をもって色々なことを考えられるようになりますよ♪

ちなみに、本気で高く売りたい場合は、、、

ちなみに、本気で高く売りたい場合は、複数サイトを併用したほうが絶対に損しません。

利用者の傾向としても、約3割の人が複数サイトで査定しています。

複数サイトを併用する理由は、一括査定サイトによっても、参加している大手の不動産会社が違うという点です。

例えば、イエイには大東建託、イエウールにはみずほ不動産販売、HOME4Uには三菱UFJ不動産販売、という具合に、それぞれの一括査定サイトにしか参加していない大手不動産会社があるため、併用したほうがより取りこぼしなく高い査定額が期待できます。

これが地元の小さい会社なら気にしなくてもいいかもしれませんが、どの会社も言わずと知れた最大手なので、無料査定をしておいてまず損はありません。

また、地域によってはイエイで査定できなくても、イエウールHOME4Uでは査定できたり、逆にHOME4Uで査定できない地域がイエイイエウールでは査定可能だったりします。

これはやはり一括査定サイトの参加企業の数(イエウールは1,200社以上、イエイは1,000社以上、HOME4Uは厳選550社)に違いがあるからだと思いますし、地域によって強い不動産業者を抱えているかどうかの違いだと思います。

この違いがあるからこそ、複数の一括査定サイトを併用しても査定額の差がドンと出てしまい、併用しないと損してしまう理由になるのです。

なので、せっかくの不動産を損せず高く売るために、一括査定サイトを気軽に複数使ってみてください。

データとして、当サイトからの実績ベースで、申し込み件数の多い組み合わせが次のようになっています。

一番多い組み合わせが、イエイイエウール。二番目に多い組み合わせが、イエイHOME4U。そして、三番目がイエウールHOME4Uです。

よかったら参考にしてみてくださいね♪

3件がヒットしました

検索条件

対応エリア指定なし査定内容指定なし査定種類指定なしキーワード検索指定なしこだわり条件指定なし
最高いくらで売れるか正確にわかる!
無料査定なので使わないと損ですよ!

査定スピード

▼早い
▲遅い

提携会社数

▼多い
▲少ない

当サイト経由の申込件数

▼多い
▲少ない

おすすめの一括査定サイト

HOME4U

累計20万件突破!まず一番最初に試しておきたいのがHOME4Uです。東証一部上場企業のNTTデータのグループ会社が運営しているので信頼度抜群。提携している不動産業者は550社程度ですが、かなり厳選されているので期待大!業界最長16年の実績があり、安心して査定を依頼できる一括査定サイトです。
会社名 査定内容
株式会社NTTデータ 土地・戸建て・マンション・その他
査定種類 査定スピード 提携会社数
一括査定 60秒 550社

イエウール

土地・マンション・一戸建てをできるだけ高く売るならイエウールがおすすめです。イエウールの机上査定なら、オンラインで今スグに査定額を知ることができます。最大500万円の差が出た実績もあるので、一度は試しておきたい無料査定サイトです。
会社名 査定内容
株式会社Speee 土地・戸建て・マンション・その他
査定種類 査定スピード 提携会社数
一括査定 60秒 1,300社

イエイ

高く!早く!賢く!確実に!不動産を売りたいならイエイで決まりです。イエイで査定した97%の方が「査定額を比較して良かった」と回答しています。利用者数は300万人は突破。失敗しないで不動産を売却するならまずココははずせません。
会社名 査定内容
株式会社Q 土地・戸建て・マンション・その他
査定種類 査定スピード 提携会社数
一括査定 60秒 1,000社

-real_estate
-,

Copyright© 失敗しない不動産売却 , 2017 AllRights Reserved.