高く!早く!賢く!確実に売るなら!

失敗しない不動産売却

家が売れるまで住み続けたいけど、 それだと売れない?

投稿日:

今住んでいる家を売りたいと思う方も少なくないでしょう。そこには何らかの理由があるかと思います。別の土地に一戸建てを建てるので、今住んでいる家を売る、もしくは生活が苦しくて家を売って賃貸に引越しする、という方もいるのではないでしょうか。

後者の場合などは、とりあえず家が売れるまで住み続けたい、売れたら引越しする、と思う方もいるでしょう。

では、家が売れるまで住み続けることは可能なのでしょうか?また、仮にそれでもOKだとしても買い手がつきにくくなるのでしょうか?

これについては、やはりできれば空き家にしてから販売したほうが買い手がつきやすい傾向にあります。それは、やはり買い手側の気持ちと関係します。

家を見てみたいと思った時、やはりまだ住んでいる方がいる場合は、なかなか気軽に内覧できないものです。しかも細かい部分をチェックしようと思っても、住んでいる方がいると、それもなかなかしづらく、結局よほどいい物件でない限り却下してしまいがちです。

また、空き家にしていると、家具や家電などが置かれていないこともあり、家が広く、そして綺麗に見えるものです。ですので、そういったことからも買い手がつきやすい傾向にあります。

とはいえ、必ずしもデメリットばかりではありません。実際に購入した場合の生活が想定できるという点では住んでいる人がいたほうがよりわかりやすいです。また、住んでいる人にしかわからないメリットなども聞けるでしょう。

もし、内覧して、とても綺麗な家で素敵だった、なんて思いを抱かせることができれば逆に買い手がつきやすくなるかもしれません。ですので、もし住み続けながら売りに出したいという場合には、家の中を内覧されていい印象を与えられるようにしておかないといけないでしょう。

-real_estate
-

Copyright© 失敗しない不動産売却 , 2017 AllRights Reserved.