高く!早く!賢く!確実に売るなら!

失敗しない不動産売却

仲介手数料の計算方法

投稿日:

土地や建物を売却する時、たいていは不動産会社と媒介契約を交わし、仲介してもらって不動産を売ることになるでしょう。その場合、不動産会社では売主から仲介手数料をもらって利益を得ています。

この仲介手数料は基本的に不動産会社が決めていいのですが、いくらでもOKということではなく、法律で上限が定められていますので、基本的にはその範囲内ということになります。

その仲介手数料の上限は算出方法が定められており、売却価格が200万円以下の場合は、価格×5%、200万円を超え400万円以下の場合は価格×4%、400万円を超える場合には価格×3%となります。ただ、この場合、200万円以下の部分は5%、それ以上の部分については4%、5%と変わります。

つまり、300万円で不動産を売った場合、200万円までの分は5%で10万円、残りの200万円超~300万円(100万円分)が4%で4万円、合計で仲介手数料は14万円となります。

500万円の売却価格の場合は、200万円分が5%で10万円、200万円超~400万円以下(200万円分)が4%で8万円、400万円超の部分(100万円分)が3%で3万円となり、合計で仲介手数料は21万円ということになります。

400万円超の場合には、もっと簡単に売却価格×3%+6万円で算出できます(上記の500万円の場合は500万円×3%+6万円=21万円)。

ただ、正確には前述の算出された額に消費税がプラスされますから、平成27年の段階では消費税8%が加算され、500万円の売却価格の場合の仲介手数料は22万6,800円が上限となるのです。

-real_estate
-

Copyright© 失敗しない不動産売却 , 2017 AllRights Reserved.